結婚生活 2021.09.14

「藤原のちょっと聞いてよ!」のコーナー④映像クリエイター藤原ななえの独り言

おはこんばんにちわ。

チーム オンナのミカタ
映像クリエイターの藤原ななえです。

イマスグ気をつけて!相手をムッとさせる“あの言葉”

前回は、女性が男性に対して
しばしば感じてしまう“無神経さ”への免疫の上げ方のような?ことをお伝えしました。

個人的見解ではありますが、夫婦生活において、
ガマンすることはその場しのぎにはなっても根本的な解決にならないので
「お互いへの免疫を上げる」ということが大事なんだろうなと思うこの頃です。

だけど、それだけじゃやっぱり足らなくて。

当たり前だけど、相手をヤな気持ちさせないように気をつけることは大切です。

ではでは、今日もいってみましょーう!

「帰り遅かったね」「なにしてたの?」

仕事だよ!!!

・・・と怒りのボルテージがブチ上がってしまう前に
なぜこの言葉にイラッときてしまうのか考えてみましょうか。

私が思うに、その場その時の状況によっては
言葉に「疑い」の要素が含まれているように感じてしまうからです。

もちろんそういった負の感情を生み出さない“優しい世界”はありますよ。

だけど、些細なことで気持ちがぶつかってしまうのが現実世界のつね。

だけどだけど、帰りが遅くなるということは
基本的には何かしらを頑張ってきたことは確実です。

たとえ物申したいことがあったとしても・・・

帰ってきた相手への第一声は
気持ちの良い「おかえり!」「お疲れ様!」が最高です。

行き着くところは、思いやりが大事ということなんでしょうね。

ついでに、相手を信じるか信じないかは・・・あなた次第です!