【不動産】2022.04.06

【住宅ローン】控除はなぜ「改悪」と話題になったのか⁉︎

従来の住宅ローン減税は2021年に終了!

住宅メーカー、不動産業者、住宅購入を検討している人、が改正案に注目していることが判明した。税制改革の概要がまとめられました。大幅に改訂されたのは、その結果従来の住宅ローンの 控除(助成)でした。

現在の制度は2021年末に終了するため、急いで家を購入した人もいるかもしれません。20211130日と20221231日に予定:2021年末までの住宅ローンの 控除(助成)。

   

インタビュー動画はこちら

2022年の住宅ローンの 控除(助成)の改訂で何が変わるのでしょうか?

メディアによると、 控除(助成)額は減少しており、良くないということです。

必要に応じて講じる措置は、住宅ローン減税等の住宅取得促進策についてです。

環境パフォーマンス等に応じて借入限度額の追加措置を講じます。

所得税額から 控除(助成)できない金額は、引き続き個人居住税から 控除(助成)されます。当面、延床面積(新築住宅)は40m2以上に緩和されます。

2022リビジョンで何が変更されますか?

とにかく、国土交通省発行の「国土交通省税制改正概要」からの住宅ローンの 控除(助成)に関する部分の抜粋をご紹介します。

住宅ローン減税とは何か?措置を講じた後、4年間の延長、 控除(助成)率は0.7%、 控除(助成)期間は13年です。

既存住宅(25年以内の耐火住宅、20年以内の非耐火住宅)の年要件は、「1982年以降に建てられた住宅」(新しい耐震基準に準拠した住宅)に緩和されました。

控除(助成)の改定内容(2022年の住宅ローン)

システム期間の延長

2025年まで4年延長で適用可能!

景気回復のために住宅取得を促進する同様の制度が継続されます。

4年間延長されるのは、この住宅ローンの 控除(助成)制度自体です。令和7年目(2025年)まで適用されます。

自動車産業と同様に、不動産・住宅産業は日本経済の主要な支持者です。

1%の 控除(助成)率から0.7%まで⇒控除(助成)率の引き下げ

新築住宅と中古住宅に共通

以前は1%でしたが、現在は0.7%になっています。

住宅ローンの 控除(助成)とは、所得税の納付額( 控除(助成)できない部分も住民税の一部)を、年度末の住宅ローン残高× 控除(助成)率で返還する制度です。

特に大きなのは、この 控除(助成)率の引き下げではないでしょうか。

この 控除(助成)率は、新築住宅と中古住宅に共通しています。

つまり、年度末の住宅ローン残高が3000万円(上限内)の場合、21万円の最大0.7%が返還されます。

 新築住宅は13/購入・転売*⇒控除(助成)期間

中古住宅は10

新築住宅および購入・転売住宅の 控除(助成)期間が10年から13年に延長されました。

ここで重要なのは、「一般的な」新築住宅と2024年以降に購入および転売できる住宅です。

売買・転売:不動産会社が購入した中古住宅をリフォームして売却する物件。

ただし、2019年の消費税増税緩和により、最新の住宅ローンの 控除(助成)制度により 控除(助成)期間が13年に延長されたことを考えると、あまり収益性が高くない可能性があります。

認定住宅などの環境に優しい住宅の 控除(助成)期間は13年ですが、「一般的な」新築住宅は移転から10年です。

その他(一般)住宅の減額、環境パフォーマンスに見合った借入限度額が出現⇒最大借入額

2024年以降のさらなる削減!

この制限を超える金額には 控除(助成)は適用されません。

2022年の改正では、一般住宅の上限額は3000万円、認証住宅は最大5000万円、その他の一般住宅のみ上限が引き下げられています。

住宅ローンの 控除(助成)には、 控除(助成)が適用される最大借入額があります。

さらに、この金額は2024年以降の新築住宅では減額されます。

その他の改定内容

住宅ローンの 控除(助成)とは関係ありませんが、住宅取得資金の贈与税の免税限度額は、財政援助を受ける人々にとって重要なトピックです。

所得要件や既存住宅の年齢要件など、 控除(助成)額に直接関係しない修正をまとめました。

★年収3000万円~2000万円の場合⇒所得要件の削減

それは中所得者のためのシステムでした。

住宅ローンの 控除(助成)の対象となる年収を3,000万円以下から2,000万円以下に変更しました。

50㎡から40㎡に緩和⇒新しい家のための緩和された床面積要件

この床面積要件の緩和は、消費税増税に伴う2019年改正で適用され、当面継続されます。(ここで、マンションの床面積は内法面積であることに注意してください。)単身・二人用マンションの購入など、需要の拡大が見込まれます。

年収1,000万円以下の要件があります。

建築確認:住宅などの建築物を建築する場合は、検査機関に建築基準法に適合していることを確認してもらいます。

マンションは内部にエリアがありますのでご注意ください!

新築住宅の床面積要件は50m2から40m2に緩和されました。

40m2は約12坪です。

当面は、2023年までに建設が確認された住宅を目標としています。

★中古住宅は1982年以降に建てられた住宅に適用⇒中古住宅の緩和年要件

2022年の改正により、1982年以降の住宅は新しい耐震基準を満たしているため、上記の証明書を取得する必要がなくなりました。

2021年までの制度では、鉄筋コンクリートなどの耐火住宅は25年、木造住宅などの非耐火住宅は20年前のものである証明書(既存住宅性能評価報告書)の提出が必要でした。

申請は、登記簿上の建築年によってのみ証明できるという手続きを実行するのは簡単です。

★【贈与税】

親・祖父母からの住宅資金に対して最大1,000万円の免税⇒住宅取得資金に対する贈与税の継続免税

両親や祖父母などの直系の子孫から住宅取得のための資金を寄付する場合、省エネ型の高品質住宅は1,000万円、一般住宅は500万円の免税となる特殊なケースです。既存の住宅の年齢に適用される要件は、この住宅ローンの 控除(助成)の改訂と同じです。

住宅ローンの 控除(助成)ではありませんが、住宅取得資金に関連する税制であるため、紹介したいと思います。

申請期間は2年延長されて2023年になりました。

新築住宅と中古住宅、その他のタイプの住宅の違いは何ですか?

環境パフォーマンスに応じて優遇措置が増えていると言えます。

今回の改定により、ZEHと省エネ基準が新築住宅に追加されました。

逆に、いわゆる「一般」住宅については、借入限度額を4,000万円から3,000万円、2024年以降の入居者は0円(2023年までに建築確認は2,000万円)、 控除(助成)期間は10年に短縮されるなどの違いがあります。

家ごとに 控除(助成)額はどのくらい異なりますか?

リストを見ると、認定住宅の 控除(助成)額は455万円と最も大きい。一部のマンションは認定住宅として認定されているため、購入時に確認する必要があります。

また、申し込みをいただくと、家のパフォーマンスが充実していることが証明されます。

ここで覚えておくべきことの1つは、最大 控除(助成)額と実際に 控除(助成)される金額が常にとは限らないということです。

改築された住宅の違いを見てみましょう。

(認定住宅は、長期的に優れた認定住宅と低炭素認定住宅です。)

長期の優良住宅の申請・審査に20万円から30万円かかるとしても、 控除(助成)額を考えるとお得かもしれません。

現在住宅ローンの 控除(助成)を受けている人にどのような影響がありますか?

現在の 控除(助成)率と制限は継続されます。つまり、効果はありません。

すでに住宅ローンの 控除(助成)の対象となっている人は、2022年の改正の対象にはなりません。

改定により最大 控除(助成)額はどのくらい変更されましたか?

2022年の住宅ローンの 控除(助成)の改訂による合計最大 控除(助成)額の変更

2021年までに住宅ローンの 控除(助成)を受けた人から返される金額はどのくらい異なりますか?

このように見ると、認証住宅、ZEH、省エネ住宅の削減額は比較的少なく、環境に配慮した住宅に改修されていることがわかります。

【まとめ】 控除(助成)額の多い「環境にやさしい省エネ・高性能住宅」が将来の基準

これも改悪と言われています。少し時間を取って住宅の購入を検討したいと思いますが、現在住宅の購入を検討している場合は、ぎりぎりの需要が予想される2024年より少し前に検討することをお勧めします。

高性能で省エネな住宅は単価が高いだけでなく、減税効果だけでなく、光熱費などのランニングコストを抑え、住まいの快適さを向上させることができます。

2022年の住宅ローンの 控除(助成)の修正。

2024年以降、さらなる削減が計画されています。

この改訂では、認定住宅の 控除(助成)額が最大になります。

将来の住宅の基準は、認定住宅やZEHなどの高性能住宅と言えます。