エンタメ 2021.12.26

独占告白Ⅳ 人生の分岐点編 by U.K.

ホンマにそろそろ完結したい前回は歩く人に変貌するまでを綴った

歩く人に変貌していくキッカケを書くとかなり長くなるので省略

DJ MC業をして10年が過ぎた頃

またまた奇跡的な出会いとチャンスを頂き

関西では誰もが知っている夕方の顔とも言える情報番組で毎週木曜に大人気アナウンサー河田直也さんが進行する「昔の人は偉かった」と言う日の出から日の入りまでを河田さんの隣でひたすら歩く機会を頂けた

僕の役割は思いついたままを喋り、嘆き、迷惑系youtuberか!とツッコまれてもおかしくないほど?ワガママに好きにさせてもらえたww

週に一回、大の男が約10人で大移動しながら早朝から夕方まで共に助け合い励まし合い時には馬鹿話をしながら歩く時間は

ボクにとっては遅ればせながらの青春だった🌸

また詳しくは河田さんが立ち上げた昔の人は偉かったブログをチェックしてください

このコーナーを担当するまでは

テレビは深夜枠+α

主戦場はラジオ

関西ではラジオリスナーや音楽好きの知る人ぞ知るお兄さんといったイメージから

一気に関西のお茶の間で知られる天然キャラとなった!

有難い事にDJ MCのお仕事もありながら

歩く天然キャラと認知度は上がって全く今までとは違うイメージなのに関西の視聴者の皆様からはどちらの仕事のボクも受け入れてもらえていた気がした

色んな経験体験を味わえた

居心地が良過ぎて有難い事に人気コーナーとなり10年も続いた

このコーナーがスタートしたのは僕が36歳の時だった…

ただ歳が40を過ぎた頃

全て中途半端な様な…

状況に甘んじている自分がいた

永遠に続く番組など無い

ボクは何者?

ボクは何が伝えたかったのか?

未来予想図を描けていない

これ以上芸能界で上を目指しても

あまりにも小さく特殊な立ち位置の自分が這い上がる方法が分からないまま月日が経っていった

焦りと不安ばかりが募っていた

積もり積もった気持ちが爆発した

一度全く違う事をやってやろう!

今まで一期一会に身を任せ過ぎた

そのおかげでずっとピーターパンでいれた

でもそろそろ卒業しないと

大人代表=社長

勝手な僕のイメージww

とにかく沢山の社長と会食して話を聞いた!

どうやったら大人になれるか?

その中で整骨院オーナーになると決意!

タレントとして中々東京進出出来ないから先ずは実業家として

一見思いつきの様だが、勝算はあった!

それは「人」である

どれだけデジタル化が進んでも最後は人間力が左右する!

僕のメンターの一人であり

不動心の持ち主である

iCure鍼灸整骨院グループ

TOPの一人である

浜口大介アニキ

この人と組めば確実に大丈夫と思う以上に信頼しているからこそ

もし万一失敗してもこの人となら

悔いは無いと腹をくくれた事が大きい‼︎

そして2018年10月末に東京四谷三丁目駅前に「iCure四谷三丁目院」がオープンしたのだ

ここから二足の草鞋LIFEスタート

まだまだつづく…