デザイン 2021.12.20

イマスグクリエイターフォントの使い分けでデザインの質が変わる!?これであなたもフォントマスター

どうも、イマスグクリエイターのさゆりです。

早速ですが、今回のテーマを発表します。今回のテーマは・・どどん

「フォントマスターになろう!」です。(拍手)

そもそもフォントとは?というところですよね。
ざっくり言うと「文字の形」のことです。

フォントは大きく分けて「明朝体」「ゴシック体」の2つがあります。
明朝体とは筆で書いたような、トメやハネがある文字の形のことを言います。
一方ゴシック体はトメやハネのない、一定の太さでできた文字の形のことを言います。

 

簡単にゴシック体と明朝体の印象を簡単にまとめました↓↓
ゴシック体=「大人っぽい」「真面目」「高級」「上品」「知的」「女性的」
明朝体=「子供っぽい」「かわいい」「楽しい」「親近感がある」「目立つ」「男性的」

フォントと一口に言ってもその世界は実に奥深いのです・・・
今宵は、皆様をフォントの奥深い世界にお連れしたいと思います・・(誰)

フォントをうまく操れるようになるとデザインがグッとプロっぽくなります。イメージが相手に伝わりやすくなります。しかも「簡単に」そこがミソですよね。

前置きが長くなりましたが、デザインは見て→学んで→実践して→上達!です。
どんどんいきましょう。ドンドコいきましょう。

レッツラゴー!

「エレガント」というふたつの文字、どちらがよりエレガントさを感じるでしょうか??

上だと思った方が多いのでは?
前述したように、上が明朝体、下がゴシック体です。
明朝体には「くびれ」や「曲線」があります。ゴシック体よりも柔らかい印象を持ちます。

②続いて「インパクト」という文字。どちらがインパクト感を感じるでしょうか?

こちらもまた上ですよね。
ゴシック体は明朝体に比べて「力強さ」や「カジュアル」な印象を持ちます。

③ 次に「かわいい」と言う文字、どちらがかわいいと感じますか?

こちらもまた、上ですね。
丸みがあるフォントがより可愛さを引き出しています。

「たのしい」こちらはどうでしょう?

こちらもまた上の方が楽しさが伝わるのではないでしょうか。
こちらは特殊フォントですね。躍動感がある文字になっています。

「やさしい」こちらはどうでしょう?

こちらもまた上ですよね。下の角ばっている文字よりも、丸みや曲線が使われている丸みのある文字の方が優しさが伝わると思います。

文字と一口に言っても色々な種類があります。

上記はほんの一例です。文字のフォントひとつで相手に伝わる印象はぐんと変わるものです。
「相手に何を伝えたいのか」を考えた上でフォントを選ぶと、デザインがグッとよくなります。

あなたもイマスグフォントマスターになろう!

次回もお楽しみに。

 

 

 

イマスグクリエイターでは、デザインや映像制作などクリエイティブなご相談も募集しております!